emi公式ブログ。emiによる自筆の日記、ファンへのメッセージが読める。

emi公式サイトへ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
emi
My CD
Guitar
Daily Life
cooking
Favorite
Entertainment
Travel
Movie
MIKE &TORA
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ふたりのロッテ
近所にマンションが建ちました。
それに伴い、不動産屋の方が数人チラシを配ることが増えました。

外出するのにメイクして、ちゃんとした格好をしていた私。


「あの、マンションとか興味ありませんか??そこのマンションの販売が始まるんですけど、よろしければぁ…^^」


私:「あっ、いえ、もう近所に家がありますんで…」

「あっ、そうでしたか!!また興味をもたれましたら是非!」

私:「どうも~」




そしてまた、


「あちらのマンションをですね…」


と別の男性。私にまで声をかけてくるなんて、本当に大々的に販売してるんだなぁ。。。と思っていたこの頃。


今日は特に外出もないので、ノーメイクにメガネ、普段着で近所のスーパーにお買い物。買ったニラをリュックにさし家路についていたとき、また不動産屋のお兄さんに出くわしました。


“おいおい、また声かけてくるなぁ~。マンションなんて買えないっつーの!もうもう”


と思いながら、お兄さんの前を







スー
















アレ??




今、私通りましたよー。おーい、目の前ですよー。こーこでーすよぉー!
















っていうか、見もしねぇっ!




こ、ここまで態度って違うのか(-"-;??


最近よくメール便を出すので、取り扱い店のたこやき屋とクリーニング屋のおばちゃんも、外出ルックの私には、


「あっ!いつもありがとうございます~^^そうですか!そうですよねぇ~!」

とか、孫に向かって

「ほ、ほら、お姉ちゃんにバイバイって!え、えへ」

という感じなのですが、スッピンメガネの時は、




「今日は寒いな」

とか、

「はい、ありがとう」


と、明らかに対応の仕方が違うと感じるのは私の思いすごし???


いやいやいやいやっ、私は見逃さない!


っていうか、多分同一人物と思われていない可能性が…。

あわあわあわあわ。


近所の仲の良いネコは、外出仕様の私には寄って来ないし…。



そんなに、違うのか…。






違うか。
[PR]
by emiusic | 2010-01-30 23:42 | emi
うまいな??
e0129231_102637.jpg

スーパーで見つけた新種の菜っ葉、その名も




『うまい菜』by原産地・大阪







すみません。





いや、なんとなく名付け親に代わって謝らせて下さい。


この安易なネーミングセンス。いかにも『大阪っ』という感じのこのお野菜。

油との相性が良いとのことで、アンチョビと炒めてパスタにしてみました。



どう?どう?と食してみると、悔しいかな、






美味しい。




ちょうど歯ごたえも味も、小松菜とほうれん草の間って感じでしょうか。
お値段も100円とまぁまぁリーズナブル。











うまい菜って、うまいなぁ〜。













今、一番言ってはいけないことを言ったところで、おひらきっ!!!
[PR]
by emiusic | 2010-01-29 01:00 | cooking
蜘蛛女のキス
e0129231_10304041.jpg



16日、また行ってきました。


どこに??




梅田芸術劇場ですがなっ。




今月4度目…。1か月にここまで同じ劇場に通ったことは過去ないですがなっ。
いいんです、なんか今は乾いたスポンジ状態なんです。


ということで、さすがに今回は『パイレート・クイーン』ではなく、ブロードウェイミュージカル『蜘蛛女のキス』。


ぶっちゃけ行く予定はなかったのですが、オークションにて、あまりにも、あまりにも!なお値段だったので試しに入札したところ、見事落札できてしまい、演者さんには申し訳ないぐらいのお値段でこれまた1人で観に行ってきました。

あらすじは梅田芸術劇場さんから拝借しまして…

“ファシズムが台頭する南米の刑務所。
ここで同房となった、若き政治犯ヴァレンティン(浦井健治)と、映画を愛するゲイのモリーナ(石井一孝)。
価値観も生き方もことごとく違う二人は激しく対立する。
が、極限状態の中で共に過ごすうち、二人は次第に打ち解けていく。
モリーナが大好きな映画の話しで、わずかな楽しみをわかちあう二人。
しかし、モリーナは刑務所長(今井朋彦)から、仮出獄と引き換えにある取引をもちかけられていた・・・

モリーナが心の支えとする憧れの映画スター“オーロラ/蜘蛛女(金志賢)”が、
妖しく冷たく彼の人生を繰っていく・・・・。”


と、まぁ、感想を一言で言えば、





救いがなかったっ





ということで、ヘコんだぁ~~~~~~~!!!!!!ミュージカル観終わってこれだけヘコんだこと今までないっていうぐらい、ヘコんだぁ~~~~~~!!!!!
また、エンディングが華やかで明るければ明るいほど切ないっ。最後は泣いてしまいました。


本当の初日の日に観に行ったので、アフターイベントなんかもあったのですが、あれだけ暗い内容のものを演じた後に、キャストの皆さんが楽しそうにお話するんですよ(そりゃ当然だ)…。


いやいやと。


そんなに楽しそうにお話されても、私ついて行かないんだからっ!!!っていうか、ついて行けない、そのテンション!!!

私のこの気持を一体どうしてくれんのよっ!!!と叫びたいぐらい救いがなかったです、私にとっては。
人それぞれ取り方があるので、ある人にとってはひょっとしてハッピーエンドなのかもしれませんが…いやぁ。


とにかく、モリーナの存在自体が切ないですから。

興味のある方は是非、映画もありますのでご覧になって下さい。


ミュージカル自体はですね、全体がラテン音楽なので、結構ノリのいいナンバーが多かったです。
ブエナビスタとか、杉本彩さんを思い出すような感じ。分かる??

出演者の方々も皆さん初見でしたが、実力のある方ばかりでした。


映画スター・オーロラを演じた金志賢さん。ハスキーな声で歌唱力がある上にダンスが上手い!!あれだけ歌えるのにダンスが上手いっていうのは、かなり貴重な人材。大体歌が上手い人は、ダンスが「??」の場合が多いのになぁ(あえて誰とは言いませんが…笑)。少し滑舌が気になりましたが…っていうか、これは全体的にかな。改めて『パイレート…』に出演されてた方の歌唱力の高さを実感。でも、本当の初日だったので、後半戦はきっともっと良いんだろうと思います。

若き政治犯ヴァレンティンを演じた浦井健治さん。『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のCDで声は聴いていました。これは3年前のものですが、その頃より歌唱力がかなりアップしてるのが物凄く分かりました。演技も出来て歌も歌えてビジュアルもいいと。重宝するよなぁ…と、何目線か分からない感想ですが(笑)。

そして、映画を愛するゲイのモリーナを演じた石井一孝さん。女性っぽい仕草をよく研究されたんだなぁというのが分かりました。一番難しい役どころだと思います。石井さんに関しても、初日より楽に近い公演を観てみたかったな。私としては繊細な役がらの中に、ほんの少し見え隠れする猟奇的な感じも欲しかったかなと思いました。いや、モリーナって凄く優しい役がらなんですけどね。



ということで、よりによって一人で観に行ってしまったものだから、帰りもなんか妙に寒いっ
無性に熱っいコーヒーが飲みたくてたまらなくなり、スタバに寄って帰りました。


チケットもまだ余っている様子で、演者さんたちもしきりに「また劇場に足をお運び頂いて、今日観れなかった細部まで観て下されば…!」みたいなことをおしゃってましたが、毎回こんな気持ちになってたら身が持たない…(笑)







やっぱり私はハッピーエンドが好きなんだよぅ。
[PR]
by emiusic | 2010-01-26 11:27 | Entertainment
最後の就航 その2
本番がスタート。いつものように変なテンションの山口さん登場。
その瞬間、周りの人全員、



“シュパッ”



オペラグラス装着っ。



さ、さすが(^ ^;


しかし、今までのように笑えるほどまでの動作はなく、やはり千秋楽は一味違う??

着々と話は進み、内容は主人公グレイスが、政略結婚で別の族の息子ダーナル(例の怪我をした宮川さん)との結婚式へ。確かに今まで観たのとはダンスの構成などが変わっており、怪我に合わせて急きょ変更されたのがうかがえます。

そして場面は、恋人を奪われる苦悩と彼女を見守る決意を歌う、山口さん演じるティアナンンのソロへ。
この曲を聴いたのも勿論この日で3回目。山口さんのソロということもあり、毎回真剣に聴いていたものの、イマイチ心に残らない曲だなぁと思っていましたがっ、、、




ど、どうしたのっ!!??



曲を聴いた途端にまさかの涙(笑)←照れ隠しの(笑)


歌詞の内容が切ないのは前から分かっていましたが、この日は歌詞の内容を理解するとかではなく、漠然と涙が出てしまいました。
う~ん。。。これがあるから、皆さんこの人のファンはやめられないのかも。

調子が良い時と悪い時の差が激しい(笑)!!!勿論プロですので、ある一定のテクニック的なものは安定してらっしゃいますが、その、気持ちの問題でしょうか?気持ちが入ってる時と入っていない時の差がっ!!!
やっぱりこの人って面白いなぁ、私が感じた珍獣的な要素は間違ってなかったなと思いました。

気持ちよく歌い上げたあとは、やはり面白走りで舞台をそそくさとハケて行かれましたが(笑)。

この後もひょっとして泣ける??と少し期待はしましたが、意外と普通に終わってしまいました。


休憩中、後のお客さんAさんが別の席から遊びにきたBさんとおしゃべりをしていました。どうやら毎回会場で会う顔なじみのようで、Aさんは朝に博多から来て、舞台が終わったらそのまま博多にトンボ帰るするとのこと(←めっちゃ話聞いてるやん)。




A:「今回大阪で観るのが最初で最後になっちゃったぁ。それにしも…




ハラハラして観てらんないわっ」



B:「いや、これでも山口さん、初日よりだいぶ動きは落ち着いた方なんですよ」

A:「そ、そうなの??それより、次回の演目の時、ちゃんとお客さん入るのかしら?話の結末が重いからねぇ…」

B:「どうですかねぇ。私はとりあえず名古屋まで行って、その後東京に行きますけどっ」



お客さんにこんな心配されながら観られてるベテランミュージカル俳優、初めて観た(笑)。


物凄く身うち的な目線で皆さん観てらっしゃるんだなぁ…と。っていうか、みんな思うことは同じなのね(笑)。
っていうか、どこまでも追いかけるんですねっ(゜ロ゜)


そういう私たちも、Nちゃんがチケットを取ってくれたとのことで、3月に名古屋に行くんですけどね…テヘ。


テクニックがあるとか上手いとか、それは勿論あって当然のことですが、お客さんをリピーターにさせるのはそこに+αにある華。
これって、喉から血が出るほど練習しようが何しようが、出てくるもんじゃないんですよねぇ…。

フィギュアスケート見てても思うんです。他の選手と実力的に大差はないけど、この選手に魅かれるこの魅力は何なんだろう?と。
勿論曲とか、振り付け衣装とか演目で、より魅力的になったり、魅力が半減することもありますが、それにしても本人から醸し出される華。これって持って生まれたものなんですよねぇ。。。う~ん。。。
これを持っている人が努力した時は、鬼に金棒、母に札束…いやいや。




とにかく、千秋楽は良いものが観れたなと思いました。


最後は特別カーテンコールがあり、出演者全員の挨拶。今回途中で怪我をしてしまった宮川さんが、


「こんな自分が不甲斐ないですっ」

と泣きながら言った時は、胸にグッとくるものがありました。

山口さんは普通に話し、最後は変なテンションで客席に拍手をあおり、ぴょんぴょん飛びまくっていました。

そんなに嬉しいですか?終わるのが…(笑)



自分にハマった役をもらえるのって、奇跡に近いのかもしれません。

そういう意味では、『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のクロロック伯爵という役は、神様からの大きなギフトなのかも。

ハマらなくても演じるのが役者さんのお仕事ですけどね。難しいな、演技って。



以前オペラ歌手の先生が、

「自分の感情を出すのが恥ずかしいから、私たちは役を演じる方を選んでん」

と、私におっしゃいました。


確かに、むちゃくちゃ恥ずかしいこともありますけどもっ、、、やはりどちらも奥深い。



勉強することが山ほどあるっ!!!


「今が勉強するのにちょうどいい時期や」



という母の言葉に甘え、もう少し学ばせて頂こうかな、と。


そしてブログは次の演目とつづく…。
[PR]
by emiusic | 2010-01-21 14:22 | Entertainment
最後の出航
e0129231_15124654.jpg


すっかり遅くなってしまいましたが、11日に行って参りました!千秋楽。

思い返せば、舞台の千秋楽って観るの初めてだったかも。そして、1人で観るのも初めて。ライブは1人で行ったことはあるのですが。。。
ということで、今月3度目の梅田芸術劇場。写真をとりあえず撮ってみました。


会場に入ると、人・人・人!!今までも元旦や平日の割に人は入っている方でしたが、比にならないぐらいの満員御礼!さすが千秋楽。
ということで、早速着席。前から24列目と場所はまぁまぁ。なんとなく周りを見渡してみる。


右、左、前、後…



全員おひとり様っ(゜ロ゜)!




な、なんかスゴイなっ、いや、何がスゴイって…う~ん、説明のしようが…。雰囲気を察して下さい。
まぁ、私もおひとり様なんですけどね…。うぅ…。


場内アナウンス:『本日、出演者の怪我により、一部演出を変更しております。ご了承くださいませ』



「あ~、宮川さん大変やんなぁ…。あと2公演って時に怪我しはって…。おしかったなぁ…、大丈夫かぁ…」




という、隣に座る女性の声。


えっ?友達と来てたっけ?えっ??







めっちゃ大きい独り言っ(゜ロ゜)!!!




この、なんとも言えない空気!どうしてくれんの!?ええ!!!


一人でなんとか笑いをこらえ前を向くと、私の前は上下スウェットを着た、漫才師・サンドウィッチマンに雰囲気が似たダフ屋風の男性が一人。売るチケットが余ったから自分が入ったんかな?と思いきや、手にはオペラグラスとパンフレット。こりゃゴリゴリファンじゃないですかっ!!

“女の人だけじゃなくって男の人もいてるねんなぁ…”

なんて思いながら彼の首元に目をやると、







【BAD BOY】


のロゴ。







相当な悪なんだと思います。











っていうかミュージカルっ。
[PR]
by emiusic | 2010-01-20 15:12 | Entertainment
2度目の乗船
7日、早くも2回目の鑑賞となりました、ミュージカル『パイレートクイーン』。
今回は岐阜に住む、ミュージカル好きな母の従妹・Nちゃん、母との3人で鑑賞です。

仕事の母の代りにNちゃんを新大阪までお出迎え。約半年ぶりの再会です。





N:「emiちゃん…痩せた??」










あは!あははははははぁ~~~~~(´∀`)ノ




私:「う、うん、ちょっと(*^_^*)」

N:「だよね??っていうか、前はちょっと太ったなぁって感じだったけど…」

私:「うん…あれは完璧なストレス太りかと…。人生でマックスやったと思う」

N:「やっぱりっ」





まぁ、正確に言うと、痩せたんじゃなくて、元に戻っただけですが。。。

去年知り合いになった人に久しぶりに会ったら、口を揃えて「雰囲気変わったね」って。
だから、これが元の姿なんだってばっ。


とにかく良かった…。前はいろんな意味で酷過ぎた、と思う。

でも、まだまだポッチャリ街道まっしぐらです。



って、それよりミュージカルだってば。




今回は前から5列目!!!超~~~前!!!

いよいよ開演。


はい!祐様登場!












私・母・N:「ぶははははは!!!」






アカン、何回観ても、面白過ぎる…








その動きっ





祐様が、歌う、戦う走るっ










あぁ~~~~~~~!!!!!!シリアスな場面なのに、コントに見えてしまう!!!!!







そして、席が前ゆえに見えてしまう舞台の細部。




舞台袖へハケきる前に、素に戻って普通に歩くのはやめてっ!祐様!!!


3階席では見えなかった、暗転して舞台裏へ行くときの猛ダッシュの祐様の後姿…













バカっぽい(´∀`)







でも、好き(←バカ)





N:「エリザベートで山口祐一郎見た時は、ホントにすっっっっっごくかっこよくて、動きが変とか全然思わなかったんだけどなぁ…。今日は、なんでだろ…?」


母:「いや、いっつも面白いで」






なんだか、山口さんの舞台を観にいく目的が、徐々に変わりつつある今日この頃。



そして明日は千秋楽。一人で行ってきます。




でも、生の舞台を観ると、かなりのイメージトレーニングになります。

勉強させて頂いております。








明日は、笑わずにいられるだろうか…?
[PR]
by emiusic | 2010-01-10 23:59 | Entertainment
新年
明けましておめでとうございます!!!

昨年もお世話になりました。

今年もこんな調子ですが、温かく見守って下さい。


ということで、2010年元旦。私は何をしていたかと言うと…






ミュージカルを観に行ってました(←重症)。


“パイレートクイーン”

e0129231_3593125.jpg


っていうか、7日も母と母の従妹と3人で行くんですけど…っていうか、千秋楽もオークションで激安で買えたんで1人で行くんですけど…けど…あぁ!やっちゃった!


ということで、元旦は全体を見る為に3F席から観賞。


実在の人物・女海賊グレイス・オマリーと、エリザベス女王との国をかけた戦いがメインで話は進んでいきます。それに恋愛が絡んだりで。
実際にあった話に脚色しているのですが、ストーリーはなかなか良かったです。
女性であるがゆえの葛藤や悩み、女性の真の強さなんかが上手く描かれてるなぁと思いました。

“もし、自分が男に生まれていたら”と一度は考えたであろう2人の主人公の女性に、少し共感できるところもあったり。

最後はハッピーエンドで、ちょっと泣いてしまいました。




でもっ、、、




“ダンス・オブ・ヴァンパイア”や、今まで観た劇団☆新感線の舞台のように、観終わった後に「良かったぁ~!!!」「観たぁ~!!!」という感じはなく、なんというか、『うん、夕飯食べたよ、食べてんけど、今日主食食べてないやんか、せやからなんか物足りんねんな。お腹は一杯やねんけどな、なぁ~んかぁ…(by 母)』という気持になってしまいました。


私の大好きな山口さんも、53歳にして20代の海賊・グレイスの恋人役という、若干無理のあるキャラ設定に乗っかろうと、若々しくあればあろうとするほど、ちょっとバカっぽく見えてしまうのはコレいかにと(←毒舌)。

それはそれで違う意味で面白かったので、やっぱり観劇中に母と大爆笑してしまったのですが(←オイ)…



歌も悪くないけど、山口さんの声の良さが今一つ出きれてない感じでした。ただ、物凄い高音を高らかに歌い上げる音域の広さには圧巻。

演者さんはとにかく全員ベテランで、歌も演技も凄く上手かったのは確かです。


この舞台は誰より何より、エリザベス役の涼風真世さんが一番良かったです。歌も上手かったし、とにかく外見が綺麗!ドレスも豪華っ!!!



でも、舞台を観てる間は双眼鏡で、ずっと歌ってる人の口と喉ばっかり見てました。
発声法と発音の仕方がやっぱり気になります。
毎日ハードな舞台やってるのに、あれだけ声出すのは凄いです。

オペラ、ロック、ポップス等など、いろんなジャンルの歌い手さんはいらっしゃいますが、ミュージカル俳優さんほど喉を酷使する歌い手さんはいてないですよね。公演のスケジュールも、私からしたらえげつなっ!と思う量です。





ということで、7日はなんと!前から5番目という至近距離で観れるので、山口さんの面白動きと発声法を目に焼き付けてこようと思います。





こんな調子ですが、2010年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
by emiusic | 2010-01-03 04:47 | Entertainment