emi公式ブログ。emiによる自筆の日記、ファンへのメッセージが読める。

emi公式サイトへ

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
emi
My CD
Guitar
Daily Life
cooking
Favorite
Entertainment
Travel
Movie
MIKE &TORA
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:My CD( 9 )
感激っ
「友達にえーちゃんの話したらCD欲しいって言うから譲って☆」


とメールが入ったので、久しぶりに高校時代の友人とランチへ。




おかげ様で、皆様の口コミで私のCD販売成り立っております!!!

何気に気にかけてくれてるのが本当に嬉しい!!!!ありがとうm(_ _)m



そんな彼女が突然言った私のCDの感想。




友:「アレンジ最初の頃からだいぶ変わった??」


私:「えっ?全然変わってないで」

友:「そう??"I Say The True Heart"なんか、昔からずっと聴いてる一番古い曲やん?でも前のとアレンジが違うってなんか思って…。ほんで"Looking For You"ってあんなにテンポ速かったっけ??」








ハッ…!!!




い、言われてみれば確かに(- _- ;!!!


"I Say~"なんかは、ギターのバッキングに始まり、コーラス、ギターソロ入れたり、確かに最初と全然違うし、"Looking~"なんか、そう、めっちゃテンポ速くしたんやったっ!!!!!!



作った本人がど忘れ _| ̄|〇



と、それより何より、その変化に気づくぐらいに昔の私の演奏をちゃんと聴いてくれてたってことに感激っ!!!


本当に有り難い。。。


こんな嬉しいことはないです。



2009年、ええ年…ポッ
[PR]
by emiusic | 2009-01-16 01:12 | My CD
ゴールデンウィークの過ごし方 2
ギャラリーの帰りは、これまた母の友人のレストランへ行ってきた。


母が新婚当初に住んでいたとこで、ここの息子さんと私が、全く同じ日のたった2時間違いで生まれたというミラクルがあった場所でもある。


なので、今ではうちにとって家族のような存在。
本当によくしていただいてます。


最近は行く度にCDをお客さんに売ってくれたり、CDかけてくれたり、かなり応援してくれてて、本当に有り難いことです。



この日も宣伝してくれていた時のこと…


年配の女性客が1人。かなり音楽がお好きらしい。


「うちの息子もね、ギターやったりベースやったり、ジャンベしたりしてるのよ^^」



へぇ~!ジャンベとはまた!村上さん以来やな、ジャンベとか聞くの(笑)。(※ジャンベは民族楽器で、手で打つタイコみたいなの。あっ、適当な説明ー・笑)



「UAとかもお友達で、大好きなの^^!レゲエとかも本当に好きなのっ!あなたはどんな音楽をなさってるの?」




私:「私は…(←ジャンルを聞かれると結構困る…)ロックです(^_^;だから、あんまりお好きじゃないかも…1曲目とかちょっとうるさいし…ぼそぼそ





なんて言ってて、お店で自分のCDをかけてくれたんやけど…




ドキドキ…





いつも、ちょっと緊張する(^_^;






「とってもパワフルね!息子に聴かせても喜ぶと思うわ^^買わせて頂けますか?」



えっ、マジ!?


私のCDを買って下さった。





帰りにその方と握手した時、





「生きてて本当に良かったわ。人との出会いって素敵ね。必ず売れますからね。頑張ってね。」


と言ってお店を出て行かれた。



後からレストランのおばちゃんに聞いたところ、この方は末期癌らしく、今日は妙に気になって電話をしたら、久しぶりにお店に顔を出してくれたとのこと。




「あの人の“生きてて良かった”は、うちらの“生きてて良かった”とまた違うで」


と、おばちゃん。





正直、ムカつく人に会うこともある。言葉が汚くなってしまうかもしれないが、極力丁寧に言えば、




“御頭を割ってさしあげて、御脳みそを御ストローで吸ってさしあげましょうかしら^^?”



と、思うこともあるが(笑)、勿論素敵な出会いもたくさんあって。
とにかく、応援して下さってる方の気持ちが本当に有難いし、人との出会いがある度に、“CD作って良かったなぁ~”と思う。



この先どうなるか分らんけど、良いことも悪いことも人との出会いも、なるべくしてなってるんやろなぁ。
[PR]
by emiusic | 2008-05-07 23:52 | My CD
ギザうれしすっ!!
2月に韓国へ行った時に会った、ミンジが友達と有馬温泉に来ることになった。
すこしだけ大阪に寄る時間があるとのことなので、母と共に彼女に会いに行って来た。


彼女は韓国でソーシャルワーカーをしている。そして、彼女の友達はAIDSのNGOに勤務???



あぁ…私のアホぶりがバレる(笑)。全く普段接することのない職種のため、聞いてもあんまり理解できなかったんやけど(^^; あはは
とにかく、2人とも難しい仕事をしてらっしゃるんだなぁ~。。。


そして、当り前のように2人とも流暢に英語を話すんだからスゴイのなんのって!!
韓国の方の英語力と日本語力はかなりやよねぇ。


とにかく、全く違う職種なうえに、初対面+私とも年代が違う方だったが、とても楽しくお話することができた。
スマートに気をつかってくれる、とても魅力的な女性やったな。ミンジのお姉ちゃんみたいな感じ。




と、2ケ月ぶりの再会に話にも花が咲いたのだが、そこで思いもよらぬ嬉しい言葉が聞けた!





ミンジ:「ほとんど毎日emiのCD聴いてるの!職場に持っていってるし。4曲目も勿論好きなんだけど、私は2曲目の "The Most" が好き!ゲンキダヨ~♪意味は分らないから、単に音だけで歌ってるけどね^^」




と、私の歌を唄うではないかぁ~~~~~~!!!!!!!!!!!





う、うを~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





こ、こんな嬉しいことがあって良いのだろうか!!??
お世辞は言えても、歌は唄えないよ、普通!!


すごいね、最近私の歌を口ずさんで下さる方に会うことが増えたんやけど(これ、本当に嬉しいことです)、まさか、全く日本語が分らない外国の方が自分の歌を日本語で歌ってくれるだなんてっ!!!



ミンジ:「emiの曲で日本語の勉強になるよ^^」



はぁ~~~~(T-T)


私も、実はNORAZOの曲が歌えたりしちゃったり。てへ。
でも、それってめっちゃ聴いてるから覚えることやん?ましてや自分が全く分らない言語の歌を覚えるのは、音を頼りにするしか方法がないし。

いやぁ~、NORAZOの気持ちがちょっと分ったね。多分、相当嬉しいはずっ。


あと、他の外国の友人も「毎日聴いてる^^」とか言ってくれて…にへら(*´∀`*)

おまけに、外国の友人には "The Most" が人気で、これまた嬉しい…てへ。

自分の曲は全部好きやけどぉ~(←アホ)、その中でも "The Most" は特に好きで、今回のCDでは一番心残りのある曲でもあるわけで。もっと色々と手を加えてあげたかったわけで。
「いやいや、この子の持ってる力はこんなもんやない!!」と自分で思ってるわけで(←アホ Part2)。

でも、なかなか「この曲が好き!」と言ってもらえなくて、“やっぱり私の力不足やったか…”と思ってたけど、伝わってて本当に嬉しい!


本当はもっともっと聴いて欲しい人もいてるけど、なかなか機会がなくて…


ということで、とにかくまずライブをしたいなって思ってるんやけど、まだもうちょっと時間がかかりそうかな。






ミンジ:「ライブする時は教えてね!必ず日本に行くから!」






“音楽やってて良かった”






と、思う瞬間。
[PR]
by emiusic | 2008-04-29 22:50 | My CD
素直に嬉しくて…
CD発売以来、たくさんの方に買って頂いてますっ(今のところ手売り)。


本当に、有り難いっ。

ありがとうございます。



~母とよく行く居酒屋にて~


私:「まいど~(^O^)」


大将:「ニヤニヤ」


私:「えっ?なんでそんなにニヤニヤしてんの(^-^)?」

大将:「ふふふ」


私:「えっ?」










ハッ∑( ̄口 ̄)!?










BGM、私のCDですやんかぁ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!




私:「あ、あわあわあわあわ(((゜д゜;)))」


大将:「こういう状況にも慣れなアカンの☆!」


その後、エンドレスで流れる私の曲。



まぁ、めっちゃくちゃ恥ずかしいけど、嬉しいことです。
ありがとうございますm(u_u)m




~そして、これまたよく行くカラオケバーにて~


バーの女の子:「ニヤニヤ」


私:「ん(^-^)?」








ハッ∑( ̄口 ̄)!?









だから、BGM、私のCDですやんかぁ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!




私:「あ、あわあわ」


母:「見てみ」


私:「えっ?」










正面の棚に、私のCD4枚も並んでるやないですかぁ~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!



私:「あ、あわあわあわあわ(((゜д゜;)))わ、私が私を睨んでるぅ~~~~っ{{(>_<)}}!!!」









なーんて、怯えるキャラでもないけどもっ(←どっちやねん)。



マジ照れしてしまい、ご飯(バーだけどご飯も食べれる)が喉を通…







ったけどもっ(←通ったんかい!)、非常に箸のスピードが遅くなってしまった。



多分、みんなが想像する10倍は、なんかこっぱずかしいもんなんだっ!!
何が『ありがとう、大好き』やねんっ!!アホ!!(←自分で書いて歌ったクセに…)




そして、知らないお客さんが入ってこられた。


そ、そんな大音量で、ね、知らないお客さんなんだから、シエラちゃん(バーの女の子)、音量小さくしようよ、ね、ね!


お客さん:「この歌…」






ほ、ほらー!!!!!!!!






お客さん:「誰?」


シエラ:「このCDです!」



あ~~~~~!!!








お客さん:「買うわっ!」










へっ?






お、お兄さん、あなた、今、なんと??






お客さん:「買います!これ、めちゃいい!」














あ~~り~~が~~と~~う~ござ~~~~~~います~~~~~~!!!!!


全く知らない方が、音だけで買って下さったこの喜びったらっ!!



そして、私のCDを大音量で流してずっと聴いてくれてるシエラちゃん、ありがとう(T_T)
可愛いし、大好きや(T_T)


そして、私の曲を口ずさみながら仕事をしてくれてる大将、ありがとう(T_T)




そして、もっと、私図太くなります…うっ(ノ_・。)
[PR]
by emiusic | 2008-02-14 14:50 | My CD
~CD制作秘話其の5~
選曲について…




とりあえず、今のところ、持ち歌が全部で12曲ある。



今回、このCDを作るにあたり、ここから4曲チョイスしてみた。


実は、ライブに来た人が口々に「この曲いい!!」と言って下さった曲なんかもあったのだが、今回は自分の好きな曲を、好きなよ~に選ぼうということで、この顔ぶれになった。



まぁ、なかなか、自分が好きな曲と、みんなが好きな曲が一致するのって難しかったり……もごもご…



全部自分が作ったから、愛情は同じやねんけど…







なかなか難しいやね。




結果、全部4、5年前作った曲になってしまった。



4曲目の『I SAY THE…』のサビや曲調が変わる所の歌詞は、13歳の時に書いた。





アルバム紹介の所にも書いてあるが、1~4曲目が、1つのストーリーになっている。

1曲1曲を楽しんで貰えるようにも心がけたが、1枚を通して、1つのドラマや映画を見たような気分になって頂ければ本望である。






Recの帰り、ギターを背負いながら、最終電車に1人乗り、知らんオッサンが立った後のシートの温もりに癒されたこともあったが、長い年月を経て、こういう風な形に残すことができ、感無量
(ノ_・。)






1人でも多くの方に聴いてもらいたい。






そしてこれから、もっともっと、いい曲書くどー!!
[PR]
by emiusic | 2008-02-13 13:31 | My CD
~CD制作秘話 其の4~
そしてそして、このCD制作に関わった、もう一人の大物…







MAMAこと、うちの母っ。



最終決断等、大きな決め事は、全て母に委ねた。
トータルプロデューサーである。



「これでえーんちゃうか?」

「これ、みんな食べやっ」





今日中に出来るんか出来んのか、どっちやねんっ!!




等、取り立て屋…いや、敏腕マネージャー兼プロデューサーの力を大いに発揮。


母の決断と気遣い、追い立てがなければ、未だにCDは完成していなかっただろう。



ミュージシャンって、比較的優柔不断な人が多い気がする。そういう私も例外ではない。

しかし、それが嫌で、これでも必死に直してきたつもり。


それでも、母のような存在は、私達のようなもんにとって、非常に有り難い存在である。


『いる』と『いない』じゃ大きな違い。





そして、母の役割は、これだけに留まらなかった。






曲のアレンジ中のこと。



実は、このアルバムを作るにあたり、様々なアイディアが私にはあった。



本当は2曲目の『The Most』にはオーケストラを入れたかったし、『D or A』とかにはピアノ入れて、シンセ通したコーラス入れて、『LOOKING FOR YOU』には管楽器入れて、えーっと、それからっ、それからっ、それからっ!!






あ゛――――――――――――――――!!!!!!!!!




言い出せばキリがないぐらい、やりたいことが山ほどあった。



えっ?なんでせーへんかったんって?


そりゃあ…









コネとツテとシュダンとカネと、何もかもがなかったからやぁ――――――――――――――――――っ071.gif!!!!!!!!




アホォ―――――――――――――――070.gif!!!!!!!!!




うわぁ――――ん071.gif!!!!!!!!!!





大きくなったら、もっと好き勝手にしてやる――――――――――っ070.gif!!!!!!!!!!!!!



ギャ――――――――――――――――071.gif!!!!!!!!!










ハァ、ハァ…











と、とにかく、自分たちの出来る範囲でアレンジをしてきたが、いよいよ4曲目の『I SAY THE…』には、どぉ~しても、コーラスが必要!!ということになった。


私も出来る範囲、自力でハモったりしてきたが、どうしても私とは違う声が必要なのである。




私の周りで歌えて、お願い出来る人って…?















あっ、ママ(゜□゜)









ということで、母のコーラス入りが決まったのである。



ここで断らないとこが、うちの母のえーとこでしょ?






簡単な場所だけを私が決め、後はほぼアドリブ。



大御所ミュージシャン並みの雰囲気で(笑)、簡単にRec終了。



お陰で、音に膨らみが出た。



ちなみに、サビも主旋を一緒に歌っているのだが、声、ほぼ一緒(笑)。









改めて、血の繋がりを感じた。
[PR]
by emiusic | 2008-02-11 18:46 | My CD
~CD制作秘話 其の3~
Recは、去年の10月21日からスタート。
天王寺のミドルグラウンドで行われた。

そう、今回のRecに関わったもう一人の人。それがスタジオの徳さんである。



正直、Recというものは、決して楽しいだけのものではない。




ええ、ほんとに。




出産の痛みを『鼻からスイカ』と例えるのなら、Recの生みの痛みはまさに『鼻からメロン』(Oh!高級~053.gif)。


でも、産んでしまえば「まっ、2人目もいいかな053.gif」と、思ってしまうのが人間の強さ。


今になってみると、「また2枚目も…」とも思えるが…





んー…ちょっと休みたいです(←非常に正直な気持ち)



って、ちょっと話ズレた。



間、私がオーストラリア行ったり、韓国行ったり、イタリア行ったり(行きすぎ!)で、1か月ぐらい抜けたりしたけど、結局3か月程出来上がりまでにかかってしまった。


過去、真剣に音楽がしたくても、なかなか私程、私の音楽に真剣に向き合ってくれる人に巡り合えなかった。しかし、ここに来て、私以上に私の音楽に真剣に向き合ってくれる人たちに出会えた。



徳さん:「さっきのIt's my devilは良かったけど、今のIt's my devilはアカン!」




…(・- ・)










うえ~~~~~~~~~~!!!!!!!!!





な、何が違ったん!?ねぇ??何が違ったの!!!!!


一応ちょこっと絶対音感も持ってるし、大概音にうるさくて神経質な方だと自分では思ってたけど、その私にも分らないレベルを指摘されたよ、今!!!




福永君:「ギターソロ、もうちょいイケるやろ??」





ひぃ~~~~~~~!!!!!!まだ!?ねぇ?まだなの!?





と、物凄くスパルタな環境でRecが行われた。




そこに、女も男も、年齢も関係はない。






私は本来、人に頭を下げるのも頼むのも嫌な方だ。
人の言うことだって、あんまり聞きたくない。
自分が信頼してる人でないと聞きたくはない。











まぁ、母の言うことは、めちゃくちゃ良くきくけどね(笑)。






とにかく、素直に意見を聞ける人たちと一緒にRecが出来て良かったなと。










そして、今回のこのCD、音を決める度に出されたキーワードが、



男らしさ




うん、まぁ、ちょっとオカシイんやけども…(笑)。



ギターの音や、その他の音のアレンジにしても、



徳さん:「男らしいんよ、この方がっ」




結局、私が求めていたものも、所謂「男らしい」音だったということに気づき、結果、こういう音に仕上がった。


それは、21世紀のこれでけ文明が発達した時代のものとは大よそ思えない音である(笑)。





別に、打ち込み反対派でもなければ、昔っぽい音にこだわっているわけでもない。
この先、突然DJと共演なんてことも、大いにあり得るっ。っていうか、やりたい!!



とにかく、その時その時、自分がいいと思うもの、やりたいもの、好きなものを素直に表現していきたいと思う。


そういう面でも、今回、徳さんのところでRecが出来たのは、このCDにとっても、私にとっても、良かったことだと思っている。




何より、このRecを通して相当勉強することができたし、自分の成長を、自分の肌で感じることが出来た。





















この年になって、成長感じるって凄くね(笑)??








はは、自画自賛だ。
[PR]
by emiusic | 2008-02-10 17:19 | My CD
~CD制作秘話 其の2~
次は、肝心要なミュージシャン。




ドラムは、以前一緒にバンドをしていた、村上さんにお願いすることにした。


彼は、「音とリズムのチャレンジャー」!












って、なんかダサいキャッチコピーを付けてしまった(笑)。すみませんm(u_u)m



村上さんは、私に無いものを沢山持ってる人。

ベタベタな私のネタを、いつも違う方向から切り込んでくれる。

毎回、切り出されるアイディアや演奏で「そういうやり方もあるんか!」と、驚かせてくれる。
良い意味で期待を裏切ってくれる。

そして、ルーズな私を調整してくれる人。

正確でタイトなリズムが、私の意識を良い意味で変えさせる。


その探求心と好奇心、湧き出るアイディアは、本当に凄いし、非常に興味深い。


村上さんに出会って、沢山の刺激と、志の高さを頂いた。
私が尊敬するミュージシャンの1人である。




そして、ベースの福永君。

っていうか、本当はギタリストなのだ!

私のギターの師匠であり、生涯最大、最強、最高の私のライバル(って、私が一方的に思ってるだけかも…へへ)。


私がエレキギターを始めた16歳の時に出会った。

その時福永君、18歳。






驚いた。







こんなにシッカリした十代の男子がいるのかと(笑)。



いやいや、それもそうやねんけど(笑)、









こんなギターを弾く、十代男子がいるのかっ!?と。



未だ、こんな人に2人と出会ったことがない。


そして、母親以外で、私の音楽にこれだけ理解してくれる人がいるだろうか?



孫の手みたいな人。(←誉め言葉やで/笑)


天才っていうのは、こういう人のことを言うんだろう。



その、単にギターが上手いだけじゃないのである。


これは説明するもんじゃないな。
実際、感じてもらいたい。






つーか、誉めすぎ?だって、こんな言葉しか浮かばへんしっ。ちぃっ(笑)。


そんな彼とある日疎遠になり、「いつか会いたいなぁ」と思いだして早5年。



去年の5月である。


私がたまたま、普段乗らない時間の電車に乗った時、私の目の前のドアから入ってくるではないか!?と。



この再会がキッカケで、ベースを、ベースを!お願いすることに…。

って、お願いする私も私やけども(笑)。



お2人共、麻美と同様、これまた二つ返事で快くOKしてくれた。


この2人がいなくても、このCDは出来なかった。



これまた、頭が上がらないくらい感謝してます。




ありがとう!!
[PR]
by emiusic | 2008-02-09 19:52 | My CD
~CD制作秘話~
『D or A』というこのCD。正真正銘、私の生まれて初めて作ったファーストCDである。
最初は具体的にどうやってCDを作るのか、全く分からない手探り状態で始まった。


ということで、しばらくは、その思い出小話(?)なんかをしてみようかなと。




まず最初に始めたのが、人材集め。


とにかく1人では完成しなかったこのアルバム。

まず、何が出来ないって、ジャケット制作でしょう!
調べると、お金さえ出せばデザインしてくれる業者はいくらでもあるみたいやけど、やっぱり自分のことをよく分かってくれてる人にお願いしたい。

と、私の頭に浮かんだのは、高校時代からの親友、麻美(アサミ)だった。

彼女は昔から絵を描くのが好きで、現在HP制作等、マルチな才能を発揮して仕事をしている。


勿論、ジャケットデザインなんてやったことはないだろうが、彼女にダメ元でお願いしたところ、二つ返事でOKしてくれた。

それが去年の6月ぐらいかな?

実際、行動に移ったのが7月ぐらい。
何種類かアイディアを彼女が出してくれたり、一緒にCDショップへ行って考えたり。


私も最初は案が全く浮かばなかったけど、最終的に私の中に浮かんだのが、



◎高級感

◎ハワイアンジュエリー・タトゥー柄

◎重厚感


この3つ。



「高級感と言えば、黒と金やね(-ι-)フッ」




という、私の安易な意見から、最終的に彼女がここまで形にしてくれた。



皆さん!ジャケットの『emi』って書いてる後ろの模様、彼女の手描きですよ!!ちょっと凄くね??かっちょいいでしょ??
気に入ってるの、コレ。

ちなみに、ジャケットの後ろの模様も彼女の手描き。



撮影は、私のバイト先の山加陶器さんのお店の一室にて。

実は、その前にもメイクアップアーティストの友人にお願いし、撮影をしたのだが、私がバッサリ髪を切ったのもあり(超ロングからボブに。っていうか、突然切ってすみませんでした(^o^;)、また撮り直すことにしたのだ。
あまり、プロの彼に無理を言うのも悪いので、次は自力で。


とりあえず、3パターン程化粧して、これに決まった。




麻美:「高級感とラグジュアリー(?)やねっ(b^-゜)」



ということで、ジャケットがこのデザインに決まったのである。


ちなみに、目はカラコンじゃなくて、合成。

これも麻美の案。


そして、こんな素敵なHPまで作って頂いて…。




何より、これから先、私のことをここまで好きになってくれる人が現れるのか!?と思うぐらい、この世の中で私の1番のファンであろう、彼女にお願いすることができ、また、ここまでして貰えて、私は本当に幸せ者である。



彼女には、頭が上がらないくらい感謝してます。



ありがとう!!


[PR]
by emiusic | 2008-02-09 18:35 | My CD