emi公式ブログ。emiによる自筆の日記、ファンへのメッセージが読める。

emi公式サイトへ

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
emi
My CD
Guitar
Daily Life
cooking
Favorite
Entertainment
Travel
Movie
MIKE &TORA
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ハッシュドビーフ
e0129231_23415977.jpg


めっちゃ手抜きメニュー。

ハッシュドビーフとひじきのグリーンサラダ。


ハッシュドビーフは材料が少ないので、作るのがカレーより簡単!


30分ぐらいで全部出来たのですが…











うまっ(°▽°)!





めちゃうまーーーー(*≧∀≦*)!!





炒めるのにバター使うのと、ちょっと良いすき焼き用のお肉使って!

一皿3000円ぐらいとれるな、これ。


相変わらず盛り付けが荒いのはご愛嬌☆



ルーはクレアおばさんのハッシュドビーフを使用。


クレアおばさん、安い割りにクオリティー高いわぁ。。。



まぁ、今夜はクレアおばさんとすき焼き肉の手柄やけどね。





う~ん、美味しかったっ。
[PR]
by emiusic | 2013-09-29 23:40 | cooking
親子丼
e0129231_1520291.jpg


今日の献立

親子丼、根菜の味噌汁、大根の漬け物、晩酌のビール。

味噌汁の具は、里芋、サツマイモ、大根、ゴボウ、ネギ。家にある残り物の野菜を全部入れてみた。

親子丼は、卵と鶏、タマネギ、三つ葉。



今回全体的に味付けを軽くとちったのでレシピなし~。


献立だけ良かったら参考にしてね。
[PR]
by emiusic | 2013-09-27 15:18 | cooking
炊き込みごはんや茶碗蒸しなどなど
e0129231_22303164.jpg


本日の献立は、鶏ゴボウの炊き込みごはん、秋刀魚の塩焼き、茶碗蒸し、いんげんのごま和え。


今回は茶碗蒸しの作り方をご紹介。


材料(約3~4人前)

出汁:2カップ
卵:2個
ミリン、醤油:適量

具は何でもいいですが、今回は炊き込みごはんに使った残りの鶏肉と干し椎茸、三つ葉を使いました。


出汁2カップに、茶漉しで濾した卵液を入れます。
出汁は水に粉末出汁を溶いたものでもOK。ちなみに私は水に白出汁を溶いたものを使いました。

で、そこにミリン、醤油を入れて味を調えます。おすましぐらいより気持ち薄いぐらいかな?


適当な耐熱の器に一口大に切った材料を入れ、混ぜた液を流し入れます。


器は耐熱なら蓋が無くても何でもOK!今回は小丼とマグカップを使用。


因みにここで豆知識☆

~食器屋さんで茶碗蒸しの器を買う場合、蓋の大きさで判断しよう( ´,_ゝ`)b~


器より大きい蓋が付いてるのが茶碗蒸し用、器より小さな蓋が付いてるものは他の料理、または汁物用です。

器より小さな蓋だと、蓋の裏に水滴がたまり、茶碗蒸しの表面に落ちて、穴、いわゆる“す”が出来てしまうのです。

と、食器屋さんで働いてた時に身に付けた豆知識でしたっ。





とにかく器の縁が隠れればいいので、今回はアルミホイルで蓋をします。



フライパンに茶碗蒸しを並べ、予め沸騰させておいたお湯を器の半分ぐらいまで入れます。

フライパンにさらに蓋をし、弱火で10分。

火を止め、三つ葉を散らし、さらにそのまま10分ほど蒸らして完成!


難しそうで意外と簡単な茶碗蒸し、見栄えもするし、お吸い物の代わりに出すとちょっと株が上がる一品です。
[PR]
by emiusic | 2013-09-26 22:30 | cooking
エスパー先生
顎関節症になってから結構経ったところで、たまたま良い先生を紹介してもらい、そちらに通うようになり早1年。

顎関節症は治らないと思っていましたが、週一回を1ヶ月通ったところで驚くほど良くなり(最初の頃は治療が終わった後、顔の輪郭が細くなったと言われるぐらいの目に見えた変化あり)、それからは月1ぐらい、なんとなく調子が悪いなぁと思ったときだけ行っています。

治療法はガキっと矯正したり、圧したり貼ったりするようなことはなく、約10分程の間に、患部に熱を持つ金属を当てられたり、足先を軽く握られたり、寝台の台の下半身の部分を少し高くしてから、ガタン!と元の位置に戻したりただそれだけ。


正直、1年通った今でも


「ほんまにこれで治るんかい!」



と、思いながら受けているところも多少あるのですが(←オイッ)、現実良くなってるんだから否めないのです。


毎回何をどんな風にしてるのか気になるのですが、目をつぶって寝ている状態なので、その治療法は実に未知で不可思議なのです。


今日も久しぶりに行ってきたのですが、先生が言うに、今回から蝶形骨という頭の骨の矯正もやるとのこと。


よく分からないので、とにかく身を委ねるのみ。






先生:「これから耳の所に金属を当てて、蝶形骨の矯正をしていきます」


私:「あ、はい」



先生:「あの、これはダイエットではなく、頭の中の骨を真っ直ぐ矯正することにより、より骨盤などを歪みにくくするものですから」



私:「はい…」













はい??











何故、今、突然ダイエットって言ったんですか、先生?

私、先生に痩せたいって言いましたっけ?


っていうか、私の前の人に同じ説明してたけど、ダイエットとか言ってなかったですよね??






なんでやーーーーー!!!!!












実は、前日知り合いに「お前、また太ったんちゃうか?」と言われ、ちょっと、いや、かなり気にはしている最中ではあるのですが…。


実際はそんなに太ってないけど、昨日の服装のときと、大昔の私を知ってる人にたまに言われるこのクソムカツク一言。

そりゃ、その頃よりは太ってるけど、ここ最近の激太りからはだいぶ元に戻ったんやからなーーー!!!バーカバーカバーカ。






と、まぁ、これはいいのですが、ひょっとして、私の身体からこの気持ちが伝わったのでは…?



別の患者さんは、骨格系の病以外に内臓系や、見ないとおおよそ分からない病気もさらっと言い当てられたらしいし、大体あんなよく分からない治療法でなんで私の顎関節症が良くなるのか…


だから、私の気持ちぐらい簡単に分かるんじゃなかろうか、と、思いたくもなるあの一言。


まぁ、母のような能力を持った人も現実いるんだから、こういうことを出来る人がいてもおかしくない訳で…


フムムムム(-""-;)




不思議だっ。
[PR]
by emiusic | 2013-09-21 18:20
十五夜お月さま
e0129231_17185440.jpg

綺麗かった~(*´ω`*)





お月さまを見ながら食べたり飲んだり出来る環境が欲しい今日この頃。。。
[PR]
by emiusic | 2013-09-20 17:20
秋刀魚の塩焼き定食
e0129231_15535332.jpg


秋刀魚の塩焼きを中心に、大根おろし、筑前煮、高野豆腐の卵とじ、小松菜のごま和えです。


秋刀魚は焼く10分ぐらい前に塩を振って置いておきます。うちは毎回フライパンで焼いてます。いつもひっつかないアルミホイルをフライパンに敷いて焼くのですが、今回間違って普通のアルミホイルを敷いた為、思いっきり皮がひっついて無惨な姿に(;_;)

最近お野菜高いですねー。

高野豆腐にキヌサヤ入れようと思ったら、一掴みの量で298円!?
ホウレン草や菊菜も298円…

なので、今回は三葉と小松菜を買いました。それでも138円と198円。やっぱりいつもより高い。


今日のレシピってなぁー、分量が本当によく分かんないんだよなぁ(--;)


とりあえず、筑前煮をざっくりと。


この日の材料(約3~4人分)

人参:1本
里芋:5個(小さかったので)
ゴボウ:1本
コンニャク:1枚
干しシイタケ:4枚
鶏肉:150g

ごま油:大さじ半分
サラダ油:大さじ半分
水、出汁、みりん、砂糖、醤油:適量


まずは材料を切って準備。人参、ゴボウは乱切り、里芋は皮を剥いて半分に切り、軽く水にさらす。あ、ゴボウも軽く水にさらす。

むちゃくちゃ良い里芋はぬめりが凄いので、あら塩でこすり洗いしてぬめりをとってもらってもいいですが、スーパーの里芋って大体パサっとしとるからねー(--;)最近、素手で剥いても全然手が痒くならんもんね。はーヤダヤダっ。

コンニャクは手でちぎるか包丁で切るかはお好みで。それを塩を入れたお湯で湯がいてお湯を切ってさっと洗います。

干しシイタケを砂糖が入ったぬるま湯で戻し、一口大の大きさに切る。この時戻し汁は使うので捨てないで!

鶏肉も一口大に切って少量の酒を揉み込む。


鍋に二種類の油を入れる。ごま油だけでもいいのですが、あんまりごま油が主張してくるのもなぁーって、これは私の好みなので、油も適当で。ただ多少入ってる方が風味があって美味しいです。

鶏肉を炒め、ある程度火が通ったら根菜たちを次々投入。今回は全部一緒に入れて軽く炒めました。

材料全体に油がまわったところで、お水を入れます。大体材料の7分目ぐらいまでかな?

そこに、干しシイタケの戻し汁、それと、うちは白出汁を使っているので、それを鍋肌に添わせて一回し。粉末だったら…



“サササッ”


ぐらい(笑)?


そして、お酒を“ドボッ”って分かりにくい(笑)?


おおよそ大さじ2ぐらい?多かろうが少なかろうが気にすんな(笑)!



みりんを鍋肌に添わせて一回し。


醤油を大さじ2/3ぐらい?


ここでちょっと沸騰を待って、浮いてきた灰汁をすくいます。


そして第一味見。


この時にどれぐらいしょっぱいか、甘いかを確かめて、追加の調味料。

私は大体この時点で砂糖を小さじ1強ほど入れます。

筑前煮はちょっと甘めの方が美味しいです。

甘辛な味付けになったら、弱火~中火で火が通るまで煮込みます。

10~15分ぐらいかな?根菜に火が通っているかを確認して完成!


出来上がってすぐ出すよりも、ちょっと時間を置いて馴染ませた方が美味しいので、最初に取りかかる方がいいですね。
熱々を食べるというより、ちょっとぬるいぐらいが美味しいかと思います。

仕上げに別茹でしたキヌサヤや三度豆を散らすと見た目ももっと綺麗に仕上がるのですが、とにかく高いので今回は割愛(--;)

ここにレンコン入れたり、栗を入れたり厚揚げ入れたり…材料はどうにでもなります。

っていうか、和食って、基本この調味料で何でも出来るよね。


今更ではありますが、これが私の筑前煮の作り方でした。
[PR]
by emiusic | 2013-09-19 15:52 | cooking
大手の対応、その後
以前ここに書いた、某大手企業とのジュースでのやり取り騒動のその後をご報告。。。

「10日後ぐらいに検査結果を郵送にてご報告致します!」


のお言葉通り、きっちり10日後郵送で結果が送られて来ました。


その結果は…







“品質上問題なし”







んあぁーーー!?




しかし、



“開栓後の為、官能検査は控えさせて頂きました”



とのこと。





飲んでみろーーーー!!飲んでみろよーーーーー!!!



と思ったものの、誰がいつ開けたかも分からないものを飲むなんて、確かに出来ないけどね(--;)


あれから結構同じジュースを飲んだけど、結局味がおかしかったのはあれっきり。

母と出した結論としては、この猛暑の中、お店が倉庫で保管してる間に室内の気温がかなり上がり、味に多少の変化が出たのではないだろうかということに落ち着きました。



それにしても、あれは確かに変な味だったんだからっ。



まぁ、私の飲みかけをわざわざ東京まで送り、結果もデータ化して教えてくれたし、やっぱ大手は凄いなぁー。これで一件落着か、と思っていたら、後日またまた企業サイドから手紙が。

ん?あれで終わったのでは…


と、封を開けると、中からアンケート用紙と共に、500円分のクオカードが!?


“先日は不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。こちらの対応はいかがでしたでしょうか?簡単なアンケートにお答え頂けましたら幸いです。”


的なことが書かれた手紙も添えられ…







スゴーΣ(゜Д゜)



品質に対する反省だけではなく、対応に関してまで徹底的!



ここまで丁寧に対応して頂いたら、ちょっとした感動すらありました。



ですので、こちらも丁寧にアンケートに記入。


検査結果に関しては、多少腑に落ちない所はあったものの、これだけやって貰えたらこっちらとしても安心納得。

これからもここの商品を買おうと思っちゃいました。


やっぱり大きくなる企業違うね。



これからも末長く宜しくお願いします、サン鳥いさん。
[PR]
by emiusic | 2013-09-17 13:31 | Daily Life
オムニャイス
お子ちゃま大好きオムライス…じゃなくて、オムニャイス。

e0129231_1144966.jpg


影ってますっ、おもいっきり影ってますっ。


照明を気にしない辺り、「早くたべたい」という焦りが見えます。
ただでさえケチャップアート(?)に時間を割いたというのに、まだ写真で時間を割かなくちゃいけないのかっ、という焦りが見えます。



母の好物の1つであります。亡き祖父もそうでしたが、我が家は結構お子ちゃま口です。そういう私もそうなのですが…。


オムライス、あ、オムニャイス(←どっちでもええわっ!)の作り方って、わざわざ載せることもないけど、調味料にナツメグを入れるとか、あとは塩コショウの量をビビらない、というとこでしょうか?塩コショウをケチると水くさーい、酸味だけのオムニャイスになりますので、味見をしながら調整してみて下さい。

TVで具材だけを炒める段階でケチャップを入れるとダマにならないと言ってましたが、これ本当!いつもダマになってた悩み解消(*´∀`)


あとは、横に写ってる、おもいっきりお皿のサイズ感を間違えたグリーンサラダ。

この日の具材は、レタス、ブロッコリースプラウト、アボカド。

ドレッシングはオリーブオイルにポン酢とワサビを混ぜただけ。


オリーブオイルがかなり万能!フレンチドレッシングやゴマドレッシング意外は全部自分でドレッシング作ってます。
家にある材料で簡単、美味しく、ヘルシーに作れます。

そしてそして、またまた万能なすし酢!すっごく使いやすい!

オリーブオイルにすし酢とブラックペッパーだけで、お店のサラダみたいな味になります。

すし酢にはあらかじめ、ほどよい甘味と昆布出汁の旨みが酢と合わさってくれているので、酢の物も最悪すし酢と少量の醤油、あるいは塩だけで出来ちゃいます。


まさに「やるじゃんすし酢♪」。



オリーブオイルはカロリーこそ高いものの、体に入れて、特に火を通さずに体に入れるととても良い油のうちの1つ(他は魚の油とか)。

なので、我が家でサラダを作る時はオリーブオイルにポン酢か、醤油か、すし酢。

イタリアと日本の融合であります。


で、その他のメニューは、前日の厚揚げの煮物と豚汁の残り。


メインをガラリと変えると、サイドが同じでも飽きが来ない、リサイクルメニューでした。
[PR]
by emiusic | 2013-09-13 11:03 | cooking
まぐろ定食
e0129231_12103824.jpg


まぐろの刺身を中心にした計4品。

豚汁(具:冷しゃぶの残りの豚肉、ゴボウ、人参、サツマイモ)

厚揚げと小松菜の炊いたん~卵を落として~

レンコン焼き饅頭



写真は、綺麗に撮ろうなんて一切思ってません。生活感満載でお届けしております。


ではでは、本日のレシピはこのブログにも度々登場している、レンコン焼き饅頭で。



材料

レンコン:一節
ブラックタイガー:5尾(適当で)
干し椎茸:2~3枚
卵:1個
片栗粉:大さじ1弱
塩コショウ:少々
揚げ油:適量


まず、干し椎茸を戻します。ぬるま湯に少量の砂糖を入れてちょっと時間をかけて戻すのですが、水に砂糖と干し椎茸を入れて、そのままレンジで1分加熱したら一瞬で戻ります。時間のない時はこれで充分です。戻し汁は旨みたっぷりなので、煮物に入れました。

戻した椎茸を粗みじん切りに。エビも皮をむいて粗みじん切り。

レンコンは皮をむいてすりおろします。最後、これ以上すったら指までするなぁー、ぐらいになったら、残りのレンコンをみじん切りに。食感がでるので、多少は固形のものを入れる方が美味しいです。


切った材料に、卵、片栗粉(なければ省略可)、塩コショウを入れて混ぜます。


フライパンに、少し多目の油をひき、少し熱したらそこにスプーンで落としていきます。

焦げ目がついたらひっくり返し、反対側もまた焦げ目がついたら完成!


ショウガ醤油で食べるのが美味しいですが、もっと高級感を持たせようと思ったら、和風出汁でショウガ風味のあんを作ってかけ、ちょっと三葉なんかを乗せると、お店の感じが出ます。


うちは専らショウガ醤油ですけどね。



この日は塩の代わりに味つきのゴマを入れました。

具は色々アレンジがききますが、やっぱりエビ、特にブラックタイガーは外せないです。
あるとないとでは味が全然違います。


てな感じ、です!
[PR]
by emiusic | 2013-09-12 12:33 | cooking
豚冷しゃぶ
豚冷しゃぶをメインに迎えた夕食。

e0129231_14323827.jpg


副菜は、玉ねぎとジャガイモと卵の味噌汁、白和え、メンチカツ。


メンチカツは出来上がったものを買ってきました。白和えはついこの間も作りましたが、白和えの元って開けたら早く食べないといけないので早速リピート。

オニザキという胡麻屋さんから出ている商品ですが、なかなか味がいいので使いやすいです。豆腐と混ぜるだけなのでめちゃ簡単。人参があったので刻んでレンチンでいれましたが、本格的にする時はコンニャクやホウレン草なんか入れるとかなりグレードアップ。














邪魔くさいからせんけどね。





冷しゃぶはササミを茹でた時と同じように、70℃ぐらいのお湯で茹でます。
ゆでる前に日本酒をちょっともみこんでおきます。

色が変わったらきっちんぺーぱーをひいたバットの上で冷まします。


氷水で冷やすとお肉が固くなるので、その辺はお好みで。。


お肉の下にはレタスと大葉を千切りにしたものを、上にはミョウガを乗っけました。

この辺の野菜も適当。邪魔臭かったらベビーリーフとかでもいいかも。あれなら刻まなくていいしね♪

あとはゴマダレやポン酢等お好みのタレで召し上がれ☆



メインやその他のものを手作りにすると、多少出来上がった惣菜を並べても手抜き感が出ないんじゃなかろうか、という私の思い込み。

惣菜を買うのもセンスがいるので、いかに安くて美味しいものを選ぶかが重要。



安物の古着にジュエリーを付ける、みたいな感覚?


え?違う?




以上、簡単手抜き、でも美味しい献立でした。
[PR]
by emiusic | 2013-09-10 14:31 | cooking